にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

夏の旅行(尾瀬沼畔トレッキング) その3 尾瀬沼一周に2008/08/11 09:44:47

翌日、6時に起床。食事。昨晩も山菜が多いメニューだった。

8時に、御池に上り、バスに乗り換え、沼山峠休憩所まで。

「尾瀬国立公園」になっていて、案内図も変わっていた。

だが、沼山峠を登ると、変わっていない。

深い森の中を上がって行く。

Kさんは、息切れするが、STRもCも足取りは軽い。

20分もすると峠の展望テラスに着く。

先に尾瀬沼が見える。

3年ぶりで、懐かしい。

故郷でもないのに、懐かしいは...

下り、大江湿原に入る。

花の季節は過ぎているが、まだ可愛い花が咲いている。

ツリガネニンジン。

日差しもキツイかなと思っていたが、木陰は涼しいし、日なたでも、風が気持ちいい。やはり1600mの高原である。

大江湿原を歩いて行くと、

コバギボウシが咲いている。夏の花は多い。

東の渓流には、岩魚が泳いでいた。

ヤナギラン。 尾瀬を守った「平野長蔵」の墓の周りに群生していた。

オタカラコウ。

コオニユリ。時々見かける。色が鮮やかなので、目立つ。

10時50分に尾瀬ヒュッテに着く。ヒュッテのテラスから燧ヶ岳を見る

荷物を預けて、身軽になって歩く。以前なら、ザックは背負って行ったが、やはりガラスの腰にはきつい。

反時計回りに、湖畔を歩く。皆手ぶらなので、冗談も出て、楽しいトレッキングになっている。

天気は快晴で、燧ヶ岳も良く見え、何遍も撮影しているのでSTRから茶々が入る。

森に入ると、木陰で涼しく、唐松の香りもし、気持ちが良い。

すれ違う、家族連れも多い。

12時5分には、沼尻休息所に到着する。

山菜そば....また...食べる

4年前より、岸の水草が広がり、水面が少なくなっている。やはり4年で、変化するものだと、感じた。

つづく

夏の旅行(尾瀬沼畔トレッキング) その2 沼田街道を行く2008/08/11 08:30:15

風呂の後は、食事である。先ほど岩魚を食べたにも拘わらずである...

檜枝岐の食事は「そば」である。

以前から行きたかった、 「裁ちそば 本家六代目 まる家」 へ行く。 国道からちと上がると、莚にそばを干している。上らないように注意して駐車する。

座席も多く、檜枝岐では一番大きい?

盛りを注文。940円である。場所は秘境であるが、値段は都会並みである。

しばらく、待つ....

いいだっち 080808-oze-na...
 

だが、うまい!

うまいそばは、うれしい。

檜枝岐名物の「はっとう」は昔見回りの役人に出したら「旨すぎる」と御法度になったことが由来とか。...お品書きにかいてあった...だれか注文するかと思っていたら...だれも頼まず....ここはKさんに注文して欲しかった....

食後畳に横になり、しばらく寝てしまった。不覚であった。...朝から250km運転すると、疲れる歳になったのである。

以前(4年前)はそのまま平気でトレッキングしていたのに....

この時点で1時、「モーカケの滝」を見に行く。のんびりである。

せこせこ、しない旅も良いものである。が、何かをしたり、見ないと行けないような気持ちは、ここではいらない。 ちと、早いが今晩の宿へ行く。

七入山荘である。一応山小屋であるが、電気も来ており、車でも行ける。純粋な山小屋とはちと違う。

3年前にKさん、Cとでニッコウキツゲを見に来たときに宿泊し、好印象だったので、今回も利用した。

荷物だけ預かってもらい、裏の「沼田街道」を散策しに行く。

これが、大きな誤算だった。

標高が高いと言っても、真夏である。虫が多く、難儀する。

Kさんは「なんでこんなとこ,歩くの...」と文句を言い(^_^;)

「この道は、昔群馬側と尾瀬沼を通り繋がっていた貴重な道なんだ...」と意味不明な言い訳をして、歩き出す....

....が、しかし、夏虫どもが、すぐに襲いかかってくる。(-_-;)無視するが、また肩や顔に近づき、止まり、うるさい。こんなかんなで、近くの硫黄沢まで行く、(;_;)

いいだっち080808-oze-na...

沢...立派な清流であるが、橋の上にくると、滝の効果で寒いくらい涼しい。...もっとも......

しばらく、岸で遊んでいた。

1時間歩いてそれ以上は無理で、山荘に戻る...

つづく....

夏の旅行(尾瀬沼畔トレッキング) その1 岩魚に遊ばれる...2008/08/11 05:42:58

今年の夏の旅行は、久しぶりに家族で尾瀬に行くことになり、二泊三日で尾瀬沼を周回してきました。

STRは、尾瀬は初めてで、行きたいと...いままでトレッキングとかあまり興味も示さなかったが....

朝、5時に起き、6時に出発、常磐道を北上、那珂ICまで、その後は、R118~R293~R400と順調に北上し、檜枝岐へ。

道は空いていて、どこも渋滞なし、大田原あたりで8時ころ、夏休みか?空いている。

最初は岩魚釣りがしたいということになり、檜枝岐手前にに釣り堀があり、そこに行くことに....

最初は渓流釣りとか...考えたが、STRがそこまでは....というので、簡単に...

釣り堀と言っても、さかなが岩魚なので、「池」ではなく「U形」の渓流がそこにあり、水は山から直接流れている渓流を工夫したらしい。

竿を借り、餌は捏ね餌。最初は全然食いつかない。入れ食いだと思っていたが、甘かった....

彼らは鍛えられていた....

向こうではSTRたちがゲットしたらしい、....先を越された....

見かねた主人が来て、撒き餌をすると、群がって食いついてくる....と勘違いした岩魚が、竿に食いついてきた!

一匹ゲット!

久しぶりに、「引きの感触」を味わい、興奮!

....が主人が行ってしまうと.....また、沈黙。見向きもしない.....こいつら、人見ているな....水は澄んでいるので、鼻先に餌ぶら下げても、全く反応なし....

また音無の状態がしばらく続く....

場所を変えたり、こまめに餌を変えたり、微妙に動かしてみたりと、それはそれなりに、工夫してみるが、いかんせん素人である....岩魚くんたちに見向きもされない

しかたがない、これはレジャーなので、のんびり待つ....

再度見かねた主人が撒き餌に来た。巻いた瞬間二匹目が釣れた!(^_^)v

なんなんだー、こいつら...!?(-_-;)

撒き餌と、塗餌とは何かが違うのかと....

妙に勘ぐるが、ここは岩魚より、主人に応対した方がいいと考え、しばらく世間話をして、もっと撒き餌をしてもらう方を選ぶ。(^_^;)

ここはいつ頃までやっているのか?積雪は深いのかとか?どうでも良いことを話し、撒き餌に期待したが、STRの方で釣れたらしく主人はそのまま行ってしまう(^_^;)

ここは、自力でやるしかないと、集中する。.....すると、突然(釣りは当然だが)引きが....やったー!撒き餌なしで、ゲット!

その後は、しばらく待つと釣れるようになり、1Kg2500円とか言われていたのも、忘れSTRと併せて11匹 2kg超 合計****円以上.....

釣り堀でこんなに、金を払う客も??疑問である。

まっ、STRが満足しているようなので、良しとするか。

その後、炭火で焼いてもらい食する。先ほどあれ程元気に泳いでいたのに、10分後は焼かれている。実に哀れである。運命とは、かくも残酷なのである。

二匹も食し、満足である。

岩魚くんたちを後にし、檜枝岐の集落へ入る。

次は、「燧 の 湯」温泉である。まったく、観光客である。

昼から温泉とは贅沢の極みである。

しかし、ほかに客もおらず、実に贅沢である。

のんびりと露天風呂で汗を流す。遠く尾瀬の山々を眺め、爽快である。

080808-oze-nanairi-open

さくら2008/05/11 18:28:19

5/10、11と天気とタイミングが合わず、結局走れませんでした。

なので、話題は「さくら」のこと....すいません、季節遅れの桜ではなく、いいだっち家のペットの話題です。

今日、ペットの慰霊祭があり、2年前に亡くなった「さくら」の慰霊に家族で行ってきました。

さくらは、13歳で亡くなりましたが、母親(おばあちゃん)が飼い始め、父親(おじいちゃん)が面倒を見ていました。たまに、孫のC が散歩とか連れて行ってましたが、いいだっちはたまに、連れて行くくらいで、あまり面倒を見ていませんでした。

写真も一緒に筑波山に登った時の写真です。あまり山に連れて行くのも、不評で、一回きりでしたが.....

今、ペットを飼うことを考えています。家族には、誰が面倒見るの?散歩は誰が連れて行くの?等々.....まっ、反対されているわけですが......

雨巻山2006/11/11 21:54:53

雨巻山というと百名山の群馬県が有名ですが、栃木県にも雨巻山があります。4,5時間で登ってこれますが、練習にはいいかも

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ